宮島シーカヤック大鳥居ショートコース

『宮島シーカヤックショートコース』は、Hartアドベンチャーセンターが提供する新しい宮島の体験型観光ツアーのご紹介です。
シーカヤックに乗って世界遺産『厳島神社』を海上から見学できます。
大鳥居近くの浜から出る1時間弱のショートツアーなので、観光で宮島を訪れた方や、シーカヤックをチョット体験してみたい
初めての方にお勧めです。カヤック本体はもちろん、パドルや安全装備、防水装備まで必要な装備は全てこちらで準備しています。

海上から見る厳島神社、大鳥居は絶景です!


■時 間: 1時間程度
■料 金: 4,000円 (高校生以下は3,500円)
(傷害保険、シーカヤック装備一式・シーカヤックガイド料を含みます)
※事前のお振り込みを、お願いしています。振込み先はこちら
■参加人数: 1名からうけたまわります。一度のツアーで6名まで対応できます。
※人数が多くなる場合はご相談下さい。
■ツアー開催日: こちらのカレンダーをご覧ください。

 

※12月〜2月の冬期期間のショートコースは、時間が1.5時間で、料金がお一人様4,500円となります。

気温や気象の状況によって、ウェアをご用意致します。

景色と海が綺麗な冬の瀬戸内海、宮島の海をお楽しみ下さい。

予約はこちらから


『宮島シーカヤック 大鳥居ショートコース』のツアーの流れ

 


1.集合場所:すみれぐさ(2012年3月から集合場所が変わりました)
住所:広島県廿日市市宮島町南大西町58番
宮島桟橋から徒歩約20分。

 

『厳島神社』出口から『宮島水族館』に向けて歩く途中にある
『歴史民俗資料館(平清盛ドラマ館)』の前が集合場所です。
<目印>
・歴史民俗資料館(平清盛ドラマ館)の前です。
・格子に『HART ADVENTURE CENTER』の四角い看板が出てます。
・玄関に『すみれぐさ』の看板が掛かってます。
・時々外にシーカヤックを置いています。
・昭和初期から続く趣のある建物です。
・ときどき柴犬『花』が外を覗いてます。

大きな地図で見る

2.装備を付けて、浜でパドリングの練習

町屋に荷物を置いて、いよいよシーカヤックの置いてある浜に移動してきました。
ここで安全装備を全てつけて、インストラクターからパドルの使い方、カヤックのコントロールの仕方、危険回避の方法を教えてもらいます。

ひととおり講習を受けたら、いよいよ海に漕ぎ出して行きます!

3.シーカヤックに乗って海に漕ぎ出します

シーカヤックは初めてって方がほとんどなので、この時点ではほとんどの方々がドキドキしてます!
なかにはテンションが上がって、思わず声が出てしまう方も(≧∇≦)キャー♪

無事漕ぎ出したら、沖の目標物を目指していきます。

4.沖で練習して、慣れたら大鳥居に向けて漕ぎ出します

沖に出て前進、後進、停止、旋回などがひと通りできる様になったら、いよいよ世界遺産『厳島神社』大鳥居をめざしていきます。

この頃には少し慣れてきて、こんなポーズも余裕です!

5.海上から世界遺産『厳島神社』を見学

無事『厳島神社大鳥居』に近づけました!
古来から厳島神社は『航海の神様』とされ、船舶で航海する前には海上からお参りしていたそうです。シーカヤックショートツアーでそれを再現するのも有りだと思います。(人´㉨`)♡

6.シーカヤックならでは『海上で大鳥居をバックに記念撮影』

シーカヤックだからこそできるこの構図!
『海に浮かぶ大鳥居』をバックに記念撮影!
旅の記念に最高です!

7.元の浜目指して漕ぎます

この頃にはほとんどのお客さまが慣れてきてます。
良いペースで元きた浜に戻って行きます。

なかにはレースをする様なハイペースで漕ぐ方もいらっしゃいます!

7.浜に戻って『大鳥居』と『厳島神社』をバックに最後の記念撮影

楽しくて、気づいたら『あっと言う間』のショートツアーでした。
最後にシーカヤックと厳島神社、大鳥居をバックに記念撮影!
みなさん、この日一番の笑顔になってます(´ゝω・(´ゝω・(´ゝω・`)

予約はこちらから


シーカヤック 厳島神社 参拝ツアーこんなところで紹介されています!
「るるぶ 広島 宮島 尾道 岩国’2012」(2011年07月発売) [取材の様子]
「タビハナ 広島・宮島・岩国」(2011年07月発売)
「ベストガイド広島’2011」(2010年01月発売)

「るるぶ 山陰山陽’2010」(2009年12月発売)
・2008年3月15日「王様のブランチ」トラベルガイドのコーナーで紹介されました[取材の様子]
・2010年9月10,17日「ロケみつ 桜・稲垣早紀の目指せ鹿児島 西日本ブログ旅」で紹介されました[取材の様子]

「リンカラン」(ソニーマガジンズ)4月15日号で宮島が紹介されています [取材の様子]
リンカランウエブ:“世界遺産を訪ねるもう一つのお話”もアップされていす